吹田市の葬儀の給付金を活用しましょう

■大阪府吹田市 の給付金内容

吹田市で国民健康保険に加入されている被保険者が亡くなった際には、葬祭を行った方に葬祭費として5万円が支給されます。

・葬祭費の給付金額

葬祭を行った方に、葬祭費として5万円が支給されます。

・申請場所

吹田市役所の国民健康保険課がメインの窓口になります。

低層棟1階113番窓口です。

各出張所でも手続きが可能です。

・申請条件

亡くなった方が国民健康保険の被保険者であったこと、葬祭を行った方が他の健康保険から葬祭費を受け取れないことが条件です。

申請に必要な国民健康保険葬祭費支給申請書と誓約書は、吹田市のホームページからダウンロードもできますので、あらかじめ記入していくか、郵便申請も可能です。

添付書類として、亡くなった方の国民健康保険被保険者証、葬祭を行った方が葬儀を行ったことが確認できる書類を用意しましょう。

たとえば、葬儀社が発行した領収書や会葬礼状などで、亡くなられた方及び葬祭執行者の氏名が記載されているものが必要です。

葬祭費の振込先となる金融機関の口座情報がわかるものと、申請者の印鑑が必要です。

実印である必要はなく、シャチハタなどやゴム印以外の認印でかまいません。

・申請期間

葬祭を行った日の翌日から2年を過ぎると請求権が失効しますので、葬儀が終わったら早めに申請しましょう。

・注意点

葬祭を行った方が、勤務先の健康保険など他の健康保険から被扶養者の葬祭費用といった形で葬祭費の支給を受けられる場合は受け取ることはできません。

なお、被保険入者の死亡日が平成30年3月31日以前の場合は3万円です。

■埋葬料の給付金額の内容

勤務先の健康保険などの加入者が亡くなった際には、埋葬を行う方に埋葬料または埋葬費が支給されます。

・申請場所

健康保険埋葬料(費)支給申請書と条件に応じた添付書類を、加入している健康保険の窓口に勤務先経由で提出するか、郵送を行います。

基本的に必要となる書類として、事業主の証明が挙げられます。

事業主の証明が受けられない場合は埋葬許可証のコピー・火葬許可証のコピー・死亡診断書のコピー・死体検案書のコピー・検視調書のコピー・亡くなった方の戸籍(除籍)謄(抄)本・住民票のいずれかを添付する必要があるのです。

そのほか申請者の立場に応じた添付書類が必要となりますので、確認のうえ添付してください。

・申請条件

健康保険の被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、もしくは、亡くなった被保険者により生計を維持されていた方が埋葬を行う場合に、埋葬料として5万円が支給されます。

生計を維持されていた家族などがいない場合には、実際に埋葬を行った方に、埋葬料5万円の範囲内で、実際に埋葬に要した費用が埋葬費として支給されるのです。

被保険者の被扶養者が亡くなったときは、被保険者に家族埋葬料として5万円が支給されます。

被保険者が勤務先を退職するなど資格喪失後に亡くなった場合で、資格喪失後3ヶ月以内に亡くなったとき、又は資格喪失後の傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けている間に亡くなったとき 、又は継続給付を受けなくなってから3ヶ月以内に亡くなったときには、埋葬料または埋葬費の支給が受けられます。

・申請期間

死亡日から2年以内に申請を行わなければなりません。

・注意点

生計を維持されていた方は、被保険者によって生計の全部または一部を維持されている方であれば良く、民法上の親族や遺族である必要はありません。

生計を維持されていた方は、被保険者によって生計の全部または一部を維持されている方であれば良く、民法上の親族や遺族である必要はありません。

被保険者が世帯主であるか、同一世帯であるかも問われないので、別居の兄弟姉妹を養っていた場合なども該当します。

実際に埋葬に要した費用とは火葬料をはじめ、霊柩車代や霊前供物代、僧侶への謝礼などを含めることができます。

■大阪府吹田市の葬祭扶助の内容

葬祭扶助とは葬祭を行うための資金に困っている方に、公的な扶助を行う制度です。

吹田市では表立った対応はしていませんが、個別相談をする形で一定の葬祭扶助の支給を受けて福祉葬が行えるケースがあります。

・申請場所

吹田市役所 低層棟1階にある生活福祉室(福祉事務所)

・申請条件

生活保護者が生活保護受給者が亡くなった場合や生活保護受給者が葬儀を執り行う場合、葬儀代がなく火葬もできないといった方が個別に相談のうえ、審査を受ける必要があります。

・申請期間

葬儀や火葬を行ってからでは申請できません。

必要最低限の葬儀の費用を、市区町村が負担して行う制度であるため、ご自身や親族などの助けを借りて、すでに行えるのであれば扶助の必要がないためです。

葬儀や火葬を行う前に相談をしてください。

・注意点

故人が使い残したお金がある場合、遺留金として葬儀費用に充当しなくてはなりません。

香典を受け取った場合、後日、収入申告が必要です。

■吹田市で費用を抑えた葬儀をするなら

吹田市で費用を抑えた葬儀をお考えの方は、家族葬のひとときにお問い合わせください。

葬儀の費用が15万円から。無料で見積・資料請求承ります。

吹田市の葬儀費用はどれくらい?葬儀費用を抑える方法

■吹田市の葬儀費用の相場は?

大阪府吹田市は現在とても人口の多いエリアで、住宅用地の再整備に力を入れていることからしばらくは増加が見込まれています。

吹田市は、千里ニュータウンの建て替えや住宅建設で現在人が増えているものの、老年人口が年々増加していて、将来的には人口減少も予測されています。

そのような吹田市で、葬儀にかかる費用はどれくらいの相場になっているのでしょうか。

基本的に葬儀にかかる費用は、葬儀一式、飲食接待費で構成されています。

その中で、吹田市の葬儀費用の相場は、約169万円ほどです。

ただし、近年では家族葬など費用を抑えた葬儀が急増していて、平均費用も年々下がる傾向にあると言えるでしょう。

■吹田市で葬儀の費用を安くするためには?

葬儀の費用を安くするには、式の規模を縮小するのが一番です。

一般的に家族葬は規模が小さいため安くなりますが、決まった定義があるわけではないため、家族葬だからといって必ずしも安くなるとは限りません。

それではどのようにすれば経済的負担を抑えることができるのか、見ていきましょう。

1.会葬者を減らした家族葬・直葬を行う

家族葬で負担を抑えるためには、まず会葬者の人数を減らすことが一番です。

費用内訳で最も高いのは寺院関連ですが、たくさんの人を招くと飲食費のほうが跳ね上がり、全体費用が非常に大きくなります。

人数が少なければ少ないほどお金はかからなくなりますが、故人との最期のお別れですので、親しい人はきちんとお呼びするようにしましょう。

家族葬だけでなく、お通夜を行わずに葬儀から火葬までを1日で行う一日葬でも、相場は30万円からと低く抑えることができます。

一般的な式でも、参列者が少数なら飲食接待費だけでなく返礼品費が少なくなり、費用総額も低く抑えることができるのです。

また、家族葬にすると基本的に香典もお断りするため返礼品なども必要なくなり、大幅に負担は減ることになります。

さらに負担が少ないのはお通夜や葬儀を行わず火葬のみを行う直葬(じきそう・ちょくそう)ですが、こちらは20万円程度で行うことが可能です。

2.葬儀の補助金をする

吹田市には葬儀費用に健康保険による給付金制度があります。

亡くなられた方、もしくは喪主が加入している保険から、葬儀費用の助成金が支給されます。

葬儀費の給付金があるのは国民健康保険・後期高齢者医療制度に加入している人です。

喪主に対して吹田市では一律5万円の支給があります。

ただし、支給希望者は自分で申請しなければなりませんので注意しましょう。

申請場所は吹田市役所の国民健康保険窓口、もしくは各出張所です。

申請期間は葬儀を行った日の翌日から2年以内ですが、なるべく早く申請を済ませることをおすすめします。

必要書類は吹田市役所のホームページで確認できますが、亡くなった方の国民健康保険被保険者証が必要ですので、忘れずに準備してください。

また、被保険者のご家族が亡くなった場合には家族埋葬料が支給されます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

3.他社との比較をする

葬儀に慣れている人はほぼいませんので、わからないことばかりで困るのは当然です。

そんなときに頼りになるのが葬儀社ですが、吹田市にはたくさんの葬儀社がありますので、費用が大きく変わってきます。

大切なのは最初から一社に任せてしまうのではなく、複数社と比較して検討することをお勧めします。

悲しみの中、大変な負担ではありますが、適正な費用で葬儀を執り行うためには、しっかり他社と比較してみてください。

■吹田市で費用を抑えた葬儀をお考えの方へ

私たちは「家族葬のひととき」の葬儀は、15万円から葬儀のお手伝いをさせていただきます。

ひとときでは、葬儀についてのご不安、疑問点など些細な事も出来る限り、取り除いていきたいと考えております。

お客様のご意向に沿ったプラン・費用をご提案させていただき、ご満足いただけるお見送りを実現いたします。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから