北千里で葬儀社をお探しの方

北千里駅周辺の葬儀事情は?

北千里駅は阪急千里線の終着駅であり、大学などが立地することなどにより、青山台、藤白台、古江台を超える広範な地域を対象とする拠点としての役割も担っている地域です。

そのような北千里駅周辺地域ですが、最近では、コロナウイルスの影響により、葬儀を家族だけで行う形態や葬儀を1日で行う形態、お通夜や告別式は行わずに火葬だけを行う形態がほとんどです。

北千里駅周辺の葬儀・家族葬の費用相場について

葬儀の形態により葬儀費用は、当然異なります。葬儀の形態別に葬儀費用を具体的に見ていきましょう。

・一般葬の費用相場は?

一般葬はお通夜・葬儀・告別式・火葬と続く伝統的な葬儀形式です。北千里駅周辺における一般葬の葬儀費用は、約155万円と言われています。吹田市における一般葬の葬儀費用は、約170万円となっており、少々抑えた葬儀ができます。

・家族葬の費用相場は?

家族葬はご遺族を中心にした近親者などで行う葬儀形態です。一般葬と同様にお通夜・葬儀・告別式・火葬となります。しかし、近親者のみの葬儀のため、参列者数が少ないことにより飲食接待費を抑えることができます。さらに、式場も小さくできるのも費用が抑えられる理由です。北千里駅周辺における家族葬の費用相場は約85万円と言われています。吹田市の家族葬の費用相場は約115万円のため費用を抑えた葬儀を行えます。

家族葬のひとときなら家族葬が39万円から!詳しくはこちら

・一日葬の費用相場は?

一日葬はお通夜を行わずに葬儀・告別式から火葬までを1日で行う形態です。新型コロナウイルス感染拡大により希望される方が増えている葬儀形態でもあります。家族葬と比べてかなり葬儀費用を抑えることができます。北千里駅周辺における一日葬の費用相場は約70万円と言われています。吹田市の家族葬の費用相場は約83万円となり、費用を抑えた葬儀を行えます。

家族葬のひとときなら一日葬が36万円から!詳しくはこちら

・火葬式の費用相場は?

直葬はお通夜や葬儀・告別式を行わずに、ご遺体の火葬のみを行います。北千里駅周辺における家族葬の費用相場は約30万円と言われています。吹田市の家族葬の費用相場は約35 万円と言われておりほぼ変わりません。

⇒家族葬のひとときなら一日葬が14万円から!詳しくはこちら

北千里駅周辺で葬儀社を探すコツは?

①支払いの期日や方法に柔軟性があるかどうか?

葬儀終了後、現金一括払いが一般的でしたが、最近では葬儀後1週間まで期日に余裕がある葬儀社が増えています。葬儀費用は、安くはないため、できれば支払期日にゆとりのある葬儀社が望ましいでしょう。支払い方法も現金一括の他にクレジットカード払いや分割払いなど対応しているかどうかも確認するとよいでしょう。

②いつでも親身になって対応してくれるスタッフが在籍しているか?

喪主になることは何度もありません。そのため、葬儀の準備から当日の手配、葬儀後のアフターフォローをサポートするのは葬儀スタッフです。どんな質問にも親身になって丁寧に答えてくれるようなスタッフのいる葬儀社なら安心できるでしょう。無料の事前相談や見積の際に、どれほど親身になって対応しているかで確認しましょう。ネットにある価格だけで決めず、「いつでも相談・対応する葬儀社かどうか」も判断軸に置きましょう。

③希望に合った葬儀ができるかどうか?

先述の通り、親族や身近な人とお別れする「家族葬」や「一日葬」を希望する方が少しずつ増えてまいりました。また、コロナウイルスの感染拡大により家族葬や一日葬を行う方が増加すると考えています。故人様はもちろん、集まる参列者の方々のためにも「どのような葬儀ができるか」について葬儀社のスタッフと話し合うことが望ましいでしょう。

④アフターフォローまで丁寧かどうか?

ご葬儀後も故人様に関するお手続きやご供養、ご法要など様々なことがあります。「葬儀が無事に終わったと思っていたら、意外とやることが多い」という方は多くいらっしゃいます。例えば、新盆や新御霊など供養に関することや相続の手続きなどは多くの時間がかかります。葬儀社によっては、供養の専門知識を持ったスタッフが在籍したり、相続専門の先生を紹介してくれる葬儀社もあります。早く平穏な生活に戻れるようサポートしてくれる葬儀社を選びましょう。

北千里駅周辺の葬儀社なら「家族葬のひととき」

・家族葬ひとときが選ばれる理由

私たちは、吹田市の家族葬専門葬儀社です。家族葬・一日葬・火葬式のような、少人数でのお葬式を行うことができます。私たちは、ご遺族の皆様の希望に合わせたお葬式を行います。葬儀の負担を減らし、心温まるお葬式をご希望の方は、お気軽に吹田市の当社にご連絡ください。

☑お客様お一人おひとりと、しっかりと向き合うために葬祭ディレクター有資格者を擁しております。実績のあるディレクターがお客様の声をゆっくりと真撃に伺い、あらゆるご要望にお応えする個性豊かなご葬儀をご提案致します。

☑葬儀における専門知識はもとより、技能においても、設営、運営 に関するものだけではなく、マナーやお客様の立場に立って適切なサービス・対応ができる能力があるプランナーが対応します。

☑49日の法要が終わった後も、もちろんフォローさせていただきます。また、相続の手続きにお悩みの方には専門の先生をご紹介させていただきます。当然、新盆・新御霊や一周忌のアフターフォローも行っておりますのでご安心ください。

・北千里駅周辺の葬儀社なら

家族葬のひととき 山田会館は、「ご家族・ご親族にゆっくりとお過ごしいただく」をコンセプトに、式場や会食場だけでなく、ご家族・ご親族の控え室を充実させ、ご自宅にいるかのようにゆったりとお過ごしいただけるような式場です。

山田会館の詳細はこちらから

吹田市で葬儀社をお探しの方

葬儀社選びをすることは、人生に何度もありません。しかし、葬儀を行う場合、多額の費用が掛かります。今回は、葬儀社を選ぶ際に注意していただきたいことをご説明いたします。

葬儀社選びの重要性

葬儀社とのトラブルが多発しています。国民生活センターの調査によると、全国の消費者生活センターに寄せられる葬儀サービスの相談件数は、年間に700件以上あると発表されています。「葬儀の費用が想像以上に高額だった」や「希望する葬儀形態ではなかった」というトラブルが近年では増えています。このように葬儀社とのトラブルを起こさないためにも、葬儀社選びは重要です。

吹田市で葬儀社を選ぶポイントは?

①葬儀費用が明確かどうか?

葬儀費用は、おおよその見積もりを出される葬儀社が多いです。プラン料金に何が含まれているかについて詳しく説明してくれるかどうかが一つの判断軸となります。説明する葬儀社であれば、高額な追加費用が請求されることは防げます。

②葬儀社スタッフの対応が丁寧で信頼できるか?

喪主になることは何度もないのでなかなか葬儀について詳しくない方がほとんどです。そのため、葬儀の準備から当日の手配、葬儀後のアフターフォローをサポートするのは葬儀スタッフです。どんな質問にも親身になって丁寧に答えてくれるようなスタッフのいる葬儀社なら安心できるかと思います。無料の事前相談や見積の際に、どれほど親身になって対応しているかで確認しましょう。

③支払いの期日や方法に柔軟性があるかどうか?

葬儀終了後、現金一括払いが一般的でしたが、最近では葬儀後1週間まで期日に余裕がある葬儀社が増えてきました。できれば支払期日にゆとりのある葬儀社が望ましいです。また、支払い方法も現金一括の他にクレジットカード払いや分割払いなど対応している葬儀社もあります。

④ご故人様の希望に合わせた葬儀ができるかどうか?

最近では、親族や身近な人とお別れする「家族葬」や「一日葬」を希望する人がいらっしゃいます。伝統的な一般葬に比べ、費用もかからずに葬儀ができるのが特徴です。また、コロナウイルスの感染拡大により家族葬や一日葬を希望する方が急増しています。しかし、最も大事なのは、故人の好みにあわせた心温まる葬儀を行うことです。是非どのような葬儀ができるかなど、葬儀社のスタッフと話し合うことが望ましいでしょう。

⑤いつでも対応してくれるかどうか?

深夜や早朝、休日に亡くなった場合でも、対応してもらえる葬儀社かどうか確認をしましょう。吹田市の葬儀社でも、24時間365日対応している葬儀社は増えてきましたが、まだまだ大型連休中や深夜に対応できない場合があります。万が一の際に、スムーズに葬儀を行うことができない可能性があります。24時間年中無休の葬儀社であるかどかは、必ずチェックすることをお勧めします。

吹田市の葬儀社は「家族葬のひととき」

☑家族葬ひとときはすべてのお葬式にかかる費用のお見積を1円単位でご依頼前にお渡しいたします。
☑1日1組貸切の家族葬式場なので、プライベートも守られます。
☑葬式の前後も無料でサポート致します。

お客様からも「とても丁寧な説明をしてくださり、私達の話も親身になって聞いていただいたこと感謝しております。」「こころ温まる葬儀を行うことができました」といったお声を頂いております。おかげで、Googleの口コミ満足度95%以上を頂いております。

是非、吹田市で葬儀社をお探しの方はお気軽にご連絡ください。

吹田市の一日葬の費用は?

吹田市の一日葬

 近年、高齢社会かつ核家族化が進んでおり一般葬よりも小規模な葬儀形態、「家族葬」・「一日葬」を要望されるご家庭が全国的に増えています。また、新型コロナウイルスの影響により、感染拡大防止リスクを踏まえて吹田市内でも一日葬を選択されるケースが良く見られるようになってきました。

一日葬は、本来2日間かけて行われる葬儀を、通夜式を行わずに告別式から火葬までを1日で執り行う葬儀形態です。そのため、時間・葬儀にかかる費用を軽減することができます。

高齢の遺族、遠方からの会葬者にとても負担を軽くすることができると注目を浴びていますが、費用を抑えることができるといっても一日葬はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。吹田市の一日葬費用の平均も踏まえてご紹介します。

一日葬の費用の構成は?

 一日葬にかかる費用はどのような構成になっているのでしょうか。一日葬に関わらず、葬儀費用は大きく分けて「施設にかかる費用」、「葬儀の施行にかかる費用」、「参列者のおもてなし・宗教者へのお礼」の3つの合計金額になります。

一日葬の場合、通夜式は執り行いませんので、「施設にかかる費用」が一般葬や家族葬に比べて費用を抑えることができます。「葬儀の施行にかかる費用」は、祭壇や棺桶、遺影、ドライアイス、骨壺、車両費、受付・焼香代セットの費用に当たります。これは、どのような葬儀スタイルによって変わるので、ご遺族・故人様の希望によって異なります。また、「宗教者へのお礼、心づけ」は、参列者のおもてなしとして必要な費用として、飲食費や返礼品や寺院への費用としてお布施、戒名料、お車代、心づけになります。これは、日頃お付き合いのある寺院などとの相談が必要です。

 吹田市の一日葬の平均

 吹田市では、40万円程度の一日葬のプランを提供している葬儀社が多いようです。全国の一日葬の平均は、およそ30万円のため、吹田市は少々高い傾向にあります。少しでも安く抑えるためにはどうすればよいでしょうか?

一日葬の費用を抑えるためには?

 給付制度を活用する

 一日葬で費用を抑えるために2つポイントをご紹介します。吹田市の給付金制度を活用しましょう。吹田市では、国民健康保険の加入者が死亡した場合に、喪主へ葬祭費5万円が支給されるという給付金制度を利用できます。

→詳しくはこちら

 事前相談や会員制度を活用する

 葬儀社によっては、事前申し込みや会員登録にすることで割引価格で葬儀を行うことができます。 また、ご家族が入院中や余命宣告を受けた際に事前相談等を行うことでゆとりを持って葬儀社やプランを選ぶほうが納得のいく希望の金額に合わせた葬儀ができます。吹田市の家族葬のひとときでは、無料の事前相談・会員制度がございますのでお気軽にご利用ください。

 吹田市で一日葬をするならば「家族葬のひととき」

私たちは、吹田市の家族葬・一日葬の葬儀社です。家族葬・一日葬・火葬式のような、少人数でのお葬式を行うことができます。私たちは、皆様に寄り添ったサービスをご用意しており、故人様やご遺族の希望に合わせたお葬式のサポートを行います。葬儀の負担を減らし、心温まるお葬式をご希望の方は、吹田市の当社にご連絡ください。

吹田市の家族葬の流れは?

吹田市の家族葬の流れ

ご家族のどなたかが入院されている、 両親もご高齢になると少しはお葬式について 考えてしまうかもしれません。喪主になる機会はほとんどありません。そのため、大切な方がお亡くなりになったときはどのような手続きが必要なのか不安になってしまう方が多くいらしゃいます。吹田市で家族葬をご検討されている方に葬儀の流れなどについてご紹介していきます。

吹田市の家族葬の流れは?

亡くなった後に、ご遺体を病院や警察から葬儀社へ搬送し、ご安置します。その後、納棺し、通夜を行い、葬儀当日は、告別式後に出棺します。そして火葬場へご遺体を移し火葬を行います。では、ご逝去からの流れを詳しく見ていきましょう。

①ご逝去後は葬儀社へ電話をしましょう。

医師よる「死亡診断書」を、受け取ってください。葬儀社へお電話していただければ、警察・病院にお迎えに上がります。お迎えの車が到着したら、「ご自宅」か「式場」いずれに向かうかお選びください。

お急ぎの方は、こちらから

②葬儀社との打ち合わせ

葬儀社と納棺から火葬までの日程を具体的に打ち合わせを行います。この時に費用や葬儀の流れを細かく調整します。費用に関しては、細かく確認を行い、必要なもの・必要でないものをしっかり確認しましょう。

家族葬の費用について確認したい方は、こちらから

③納棺

白装束や洋服などに着替えをした後に、故人様を棺に納めます。また故人に、持たせてあげたいもの(寄せ書きや故人様が生前に好きだったもの)も棺の中に入れましょう。

④通夜

通夜式は、打ち合わせをもとに、葬儀社が全て段取りを行います。通夜後は、宿泊者以外はご帰宅いただけます。

⑤告別式・火葬・精進落とし

告別式が始まる前に届いている弔電や、当日の挨拶文など確認致します。そして告別式を行い、最後に火葬を行った後にみんなで精進落とし(会食)を行います。

その他の葬儀形態

最近では、「参列者への負担を減らしたい」・「葬儀の費用を安くしたい」ということから通夜を行わないお葬式(一日葬)を希望する方が増えています。また、コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにも一日葬や火葬式を選ぶ方が多くいらっしゃいます。

一日葬

お通夜を行わず、告別式から火葬までを一日で執り行う葬儀形態です。1日で執り行いますので、遠方からお越しになるご親族の方のご負担を軽くすることができる葬儀です。

一日葬について詳しく知りたい方はこちらから

火葬式

火葬式とは、一日葬よりもっとシンプルな葬儀形態です。通夜や告別式を行わず、火葬のみを執り行う葬儀形式です。内容はシンプルで最小限の必要品を揃えた形となります。「後日、お別れ会のような形を行うので親族のみで火葬まで行いたい」・「故郷が別にあり、そちらで葬儀を行うので火葬のみ行いたい」という方が火葬式を選ぶ方がいらっしゃいます。

火葬式について詳しく知りたい方はこちらから

吹田市で家族葬をするならば「家族葬のひととき」

私たちは、吹田市の家族葬専門葬儀社です。家族葬・一日葬・火葬式のような、少人数でのお葬式を行うことができます。私たちは、ご遺族の皆様の希望に合わせたお葬式を行います。葬儀の負担を減らし、心温まるお葬式をご希望の方は、お気軽に吹田市の当社にご連絡ください。

コロナ禍での吹田市の葬儀

大阪ではいまだに200名以上の新型コロナウイルス感染者が日々報告されています。2020・2021年はできるだけ三密(密閉・密集・密接)を防ぐために、葬儀のスタイルもガラリと変化しています。ここでは吹田市のお葬式の現状や注意点を紹介していきます。

吹田市におけるお葬式の現状

これまでは一般葬儀と呼ばれる、遺族や親族だけでなく、友人や知人、近隣住民、職場関係者などといった故人様と生前に親しかった方が参列するスタイルが一般的でした。しかし、新型コロナ感染拡大をきっかけに、少人数で行うお葬式が吹田市内でもニーズが高まっています。

家族葬とは、名前の通り家族や親族が参列するスタイルで10名から30名ほどで執り行われる小規模な葬儀です。ただ、コロナの影響もあって最近では、「10名以下に抑えて行いたい」というケースも増えてきています。また、急増している葬儀には、直葬や一日葬が挙げられます。できるだけ少人数で三密の状況を避けたいという理由で直葬や一日葬を希望される方が多いようです。

コロナ禍により葬儀を執り行う際の注意点とは?

新型コロナウイルスに感染するリスクを踏まえて、葬儀を執り行う際に注意しなければならない点がいくつかあります。

三密を避ける

葬儀に参列する方は、ご高齢の方もたくさん参列されることがあります。新型コロナウイルスは高齢者の重症化のリスクが高いためにできるだけ三密の状況を避けなければなりません。三密(密閉、密集、密接)にならないようにホールの空間を開放するようにして、ドアを開放しておくなどの工夫が必要です。

マスクの着用を呼びかける

また、参列者同士の席の間隔を空けてレイアウトすることによって感染リスクを少しでも減らすことができます。また、参列者には、マスクを付けるよう呼びかけましょう。

会食は避ける

お通夜や告別式料理における会食を行わないというスタイルも増えてきています。やはりマスクを取って複数人での飲食は飛沫感染のリスクが高くなってしまいますので、会食を控えられている方が多いです。

吹田市内の葬儀社が行っているコロナ対策とは??

葬儀社も参列者の方やスタッフの感染リスクを減らすためのコロナ対策を講じています。基本的に葬儀や告別式などで必ずマスクを着用することをお願いする葬儀社が多いようです。

他には手指消毒用のアルコールを入口付近にセットして外部から出入りする際に、必ずアルコールを使用するよう促すようにもしています。また、各スタッフがそれぞれにアルコール消毒を携帯することで、どのような時も手指を消毒して衛生的にきれいに保っています。また、式場のドアノブや椅子などと言った手に触れる場所を必ずアルコール消毒をするようにされています。

 

家族葬のひとときでは、吹田市で少人数での葬儀を行えます。

私たち「家族葬のひととき」は、家族葬専用式場を吹田市で2式場所有しております。どちらの式場でも一日葬や直葬を承っており、三密を避けたお葬式を行うことができます。また、全スタッフも政府のガイドラインに則り、皆様が安心して葬儀を行えるようお手伝いさせていただきます。吹田市で葬儀をお考えの方は、以下のフォームからお問い合わせください。

2020-21 吹田市の年末年始の葬儀について

年末年始に葬儀は行える?

お別れの日は突然やってきます。大切な方とのお別れは突然訪れるものです。年末年始に逝去した場合、お葬式はできるのでしょうか。今回は、年末年始に逝去した場合の対応について説明します。

吹田市内で年末年始に亡くなった場合は?

吹田市内の葬儀社は基本的に年中無休であり、24時間365日対応可能です。そのため、御遺体搬送や遺体の安置が可能となります。しかし、吹田市内の火葬場は1月1日は休業します。そのため、年末年始にご逝去された場合は、2日以降に葬儀・火葬を行うことが一般的です。

年内に葬儀を終えたい場合は?

1.葬儀を行えるが、火葬が行えない場合がある

年内に葬儀・火葬を終えたい場合は、年内に利用できる火葬場を予約することになります。吹田市での火葬場は、やすらぎ苑が一般的です。年末は、火葬場が混みあう場合が多く予約がとれない場合があるため、一度葬儀社にお問い合わせすることをお勧めします。

2.亡くなってから24時間経たないと火葬はできない。

日本では法律により、亡くなってから24時間以内に火葬することは禁止されています。 そのため、12月30日に亡くなった場合には、火葬を行うことはできません。

年始に葬儀を行う場合は?

1.1月2日から火葬場は営業開始する

吹田市の火葬場「やすらぎ苑」は、2021年1月2日から営業を開始する模様です。しかし、1月4日あたりまで混みあうことが多く、希望する日程で葬儀をすることができない場合があります。ご希望に合わせた日程で葬儀を行うことができない場合は、自宅もしくは安置施設での安置を行うことが一般的になります。

2.周りの人への配慮が必要

年始は、親族の方々もあわただしいため、葬儀にお招きするのは気が引けてしまいます。そのため、家族だけで年始に葬儀・火葬を行い、8日以降に親族や身近な方と集まり故人をしのぶお別れ会を執り行うことがあります。

年末年始に亡くなった場合に気を付けること

1.ご遺体の安置について

ご遺体をきれいに保存するためにドライアイスを使用する必要があります。そのため、ドライアイス料金が日数分発生します。また、安置施設で安置する場合は、安置料がかかるので注意が必要です。

2.金融機関が休みです

年末年始は金融機関が休みの場合がほとんどです。読経料やお車代といったお布施に関しては、葬儀当日に現金で渡すことになります。そのため現金の準備が必要になります。

3.菩提寺などにはすぐに連絡しましょう

年末年始はお寺や教会などで行事が入っているため、忙しくされています。そのため、年末年始に執り行う予定のご葬儀を確実におさえてもらうためにも、必ず連絡を入れましょう。

吹田市内で葬儀社をお探しの方へ

年末年始の葬儀に関するお問い合わせは「家族葬のひととき」

家族葬のひとときは、24時間365日対応いたします。もちろん年末年始もお問い合わせを承っております。当社では安置室を完備しており、みなさまが穏やかにお別れの時間をお過ごしいただけるよう、サポートいたします。ご不明な点はお気軽にご連絡ください。

年末年始の葬儀に関するお問い合わせはこちらから

吹田市における葬儀の費用相場はどれくらい?

■全国の葬儀費用の相場と吹田市の葬儀費用の相場

大阪府吹田市は現在とても人口の多いエリアで、住宅用地の再整備に力を入れていることからしばらくは増加が見込まれています。吹田市のホームページによると、千里ニュータウンの建て替えや住宅建設で現在人が増えているものの、老年人口が年々増加していて、将来的には人口減少も予測されています。

そんな吹田市で、葬儀にかかる費用はどれくらいの相場になっているのでしょうか。
まず全国平均ですが、葬儀費用の全国平均は約2,000,000円でした
これは3年前に比べて30万円以上低い数字であり、年々費用は下がる傾向が見て取れます。

主な内訳は、葬儀一式、飲食接待費用、寺院関連費用で、読経料や戒名料などの費用が平均約47万円とかなりウエイトを占めていることがわかるでしょう。これに対して吹田市の葬儀費用の相場は、一概に言えませんが大阪府の約169万円を目安にすることができます。ただし、近年では家族葬など費用を抑えた葬儀が急増していて、平均費用も年々下がる傾向にあると言えるでしょう。

■葬儀の費用を安くするためには?

葬儀の費用を安くするには、式の規模を縮小するのが一番です。一般的に家族葬は規模が小さいため安くなりますが、決まった定義があるわけではないため、家族葬だからといって必ずしも安くなるとは限りません。それではどのようにすれば経済的負担を抑えることができるのか、見ていきましょう。

・会葬者を減らした家族葬を行う

家族葬で負担を抑えるためには、まず会葬者の人数を減らすことが一番です。
費用内訳で最も高いのは寺院関連ですが、たくさんの人を招くと飲食費のほうが跳ね上がり、全体費用が非常に大きくなります。

人数が少なければ少ないほどお金はかからなくなりますが、故人との最期のお別れですので、親しい人はきちんとお呼びするようにしましょう。家族葬だけでなく、お通夜を行わずに葬儀から火葬までを1日で行う一日葬でも、相場は30万円からと低く抑えることができます。

一般的な式でも、参列者が少数なら飲食接待費だけでなく返礼品費が少なくなり、費用総額も低く抑えることができるのです。ただ家族葬にすると基本的に香典もお断りするため返礼品なども必要なくなり、大幅に負担は減ることになります。

もっと負担が少ないのはお通夜や葬儀を行わず火葬のみを行う直葬(じきそう・ちょくそう)ですが、こちらは20万円程度で行うことが可能です。ただし後々きちんと送ってあげれば良かったと後悔するご遺族も少なくありません。最期のお見送りですので、きちんと式を執り行うことはとても大切です。

・補助金の受給申請

吹田市には葬儀費用に健康保険による給付金制度があります。
亡くなられた方、もしくは喪主が加入している保険から、葬儀費用の助成金が支給されます。
葬儀費の給付金があるのは国民健康保険・後期高齢者医療制度・健康保険(組合健保・協会けんぽ)・共済組合・船員保険です。
それぞれの保険についてまとめておきましょう。

国民健康保険
自営業者やパート・アルバイトの方が加入

後期高齢者医療制度
原則75歳以上の方が加入

健康保険(組合健保・協会けんぽ)
組合健保は大企業/団体の社員・職員
協会けんぽは中小企業の社員・職員

共済組合
国家/地方公務員、私立学校教職員

船員保険
船長・海員・予備船員

吹田市で一般葬・家族葬をお考えの方

■吹田市で葬儀をお考えの方

葬儀を行う上で一番重要なのは、「葬儀の形態を決めること」です。一昔前では、近所の方や生前に関りがあった人を及びする「一般葬」が当たり前でしたが、核家族化や葬儀の費用を抑えたいと考える人が増えたため「家族葬」を行う人が増えてきました。

一般葬と家族葬には、どちらもメリット・デメリットがあります。今回は、一般葬と家族葬の違いについてご紹介します。

■一般葬のメリットとは?

・ご葬儀後の負担を減らすことができます。

一般葬は、故人様と生前にご縁があった方と、1度にお見送りができる葬儀形態です。家族葬を行うと、葬儀後に参列できなかった人が自宅へ弔問に訪れられることが多くなります。一般葬では、その都度対応する負担を抑えられることが大きなメリットといえます

・心温まるお葬式を行うことができます。

生前にご縁のあった多くの方と、たくさんの思い出を共有することができます。中には、親族の方々が知らなかった「故人様の新たな一面を知ること」を知ることができます。

■一般葬のデメリットとは?

・費用が高い

一般葬のデメリットとして、葬儀の費用が増える点です。

一般葬は参列者が増えることにより、規模の大きい葬儀会場を用意する必要があります。また、香典返しが増えることにより、葬儀の費用が高く成ると考えられます。吹田市の一般葬の費用は170万円と言われており、家族葬の2倍ほど費用が掛かる場合があります。

■家族葬のメリットとは?

・費用を抑えられる

家族葬の最も大きなメリットは、費用を抑えることができることです。家族葬は小規模な葬儀なので、一般葬と比べて式場の使用料も抑えることができます。また、家族葬では参列者が限られるため、会食費や香典返しの費用も抑えることができます。

・ゆっくりとしたお葬式ができる

一般葬では、義理や付き合いだけの参列者も参加される場合があります。ご親族様にとっては、気を遣わなければならないことが増え、故人様をゆっくりとお別れすることが難しくなります。そのため、家族葬は、ご親族や心の通った身近な方でゆっくり故人とお別れできるメリットがあります。

■家族葬のデメリット

・トラブルにつながる場合があります

ご親族の理解をきちんと得なければ、トラブルになる可能性があります。葬儀のお知らせを限定した場合、連絡がなく参列できなかった方に苦言を言われる可能性があります。

■吹田市の最近の傾向

このように一般葬・家族葬には、メリット・デメリットがあります。これらを踏まえて、吹田市では、家族葬を選ばれる方が多くいらっしゃいます。これは、「気を遣わずゆっくりとしたお葬式をしたい」というニーズが高まっていることが原因だと考えられます。また、新型コロナウイルスの感染拡大のリスクを回避するためにも、少人数での葬儀を行うことが多いようです。

■吹田市で家族葬をするうえで重要なこと

・吹田市で家族葬を行う上で気を付けることとは?

「家族葬のデメリット」でもお伝えしましたが、誰を呼ぶかという点は必ず確認する必要があります。家族葬を行うとき、事前に親族間できちんと話し合いをすることが大切です。また、一般葬と流れが異なる場合があるので、一度葬儀社のスタッフと相談をすることをお勧めします。

・吹田市で家族葬の相談なら

吹田市で家族葬の相談は、私たち「家族葬のひととき」にお任せください。ご相談内容について、他の人に伝わらないよう慎重にお取り扱いしております。他の方のお問い合わせに開示することはご相談頂きました当人様の同意がない限り一切ございませんので安心してご相談くださいませ。

吹田市で葬儀の相談をお考えの方

■故人の希望を叶えることができる葬儀社かどうか?

生前に、故人は葬儀についての希望を話していることがあります。また残された遺書に、葬儀の仕方について書かれてあることも多いです。

遺族が葬儀社を探すにあたって、親族の意見よりも故人の気持ちを優先することが重要です。故人はもう目の前にはいませんが、希望に添った葬儀を行うことが供養になります。

葬儀業者を選ぶときには遺書などの確認も忘れないようにしましょう。

故人の希望の事例として、身内のみの家族葬でこぢんまりと済ませてほしいというケースも少なくはありません。その場合は希望通りに、家族葬が可能な葬儀社を選びたいものです。

中には遺書に「僧侶を呼ばなくても良い」「できるだけ会場に花をたくさん飾ってほしい」などの具体的な要望が書かれている場合も見られます。ご故人様の希望に対しても、親切・柔軟に考えてくれる葬儀社であれば安心でしょう。

■見積もりは明確かどうか?

吹田市内にはたくさんの葬儀社があり、依頼する際には相見積もりを出してもらう人も多いのではないでしょうか。各葬儀社によってプランもさまざまですし費用も異なるので、予算内に収めるためにも何社かに見積もりをしてもらうほうが良いでしょう。そのときにチェックすべきポイントが、見積書の内容です。

内訳まで細かく明記してある見積書でない場合は、簡単にOKせずに不信感を持ちましょう。総合計のみの見積書を提出するような葬儀社は、対応がよくなかったり、予算以上の金額を請求されたりする可能性があります。特に費用面では、「葬儀後によく分からない追加費用が含まれていた」・「最初の見積から40万円以上請求された」など後悔されている方がいます。

故人様を心温かくお見送りするために、内訳の確認し、見積以上の費用が掛からないか確認をしましょう。丁寧でわかりやすい見積書の葬儀社であれば、安心して任せることができます。

吹田市で安心明瞭価格で葬儀を行うなら「家族葬のひととき」

私たち家族葬のひとときは、ご故人を温かく送り、ご遺族の皆様の悲しみを取り除く葬儀を心掛けています。ご相談いただいた皆様には、お悩みやご不安なことを解決するお手伝いをさせていただきます。私たち家族葬のひとときは、葬儀の費用に関して3つのことをお約束します。

☑心付けなど、領収書の出ない費用は一切、請求いたしません。

☑お見積りにご納得いただいてから、ご葬儀をお手伝いいたします。

☑事前のご相談の際もお見積りをご提示いたします。

■スタッフの服装・対応は良いか?

吹田市には、多くの葬儀社があります。

そのため、見積を確認しても大きな差が生れない可能性があります。その際は、スタッフの対応から判断するとよいでしょう。

相談の時にどのような対応をしているかがポイントです。チェックしておきたいポイントは大きく2つです

契約を急がせない

高額の葬儀のお申込みや有料の会員制度への登録を急がせてくるようなスタッフがいる葬儀社はお勧めしません。勢いに流されるまま理解せず契約・お申込みをしてしまうと、葬儀後後悔することになります。

身だしなみ・対応は丁寧かどうか

日常で葬儀社と関わることは少ないため、分からないことが多いかと思われます。

そのため、スタッフとしっかりコミュニケーションをとることが必要です。

スタッフからの説明が不十分なものは、必要ではない項目をごまかそうとしている可能性があります。納得がいくまで説明を受け、必要ではないと判断すれば断りましょう。

また、身だしなみもしっかり確認することが重要です。ご故人様はもちろんのこと、参列者様に対しても不快感を与える可能性があるからです。葬儀の相談をするときは、焦っているかとは思いますが、後悔しないためにも厳しい目で判断しましょう。

■吹田市で満足度が高い葬儀社「家族葬ひととき」

私たち家族葬のひとときはお客様から高い満足度を得ている吹田市の葬儀社です。

・「母が好きだったガーベラの花を用意していただきありがとうございました。」

・「分かりやすい料金説明で安心して葬儀を行うことができた」

・「相談に対しても親身に対応してもらった」

などお客様からお声を頂いております。

吹田市で葬儀をお考えの方は、一度「家族葬ひととき」にご相談ください。

吹田市で葬祭費を受給するには?葬儀の費用を抑える方法をご紹介

■大阪府吹田市 の給付金内容

吹田市で国民健康保険に加入されている被保険者が亡くなった際には、葬祭を行った方に葬祭費として5万円が支給されます。

・葬祭費の給付金額

葬祭を行った方に、葬祭費として5万円が支給されます。

・申請場所

吹田市役所の国民健康保険課がメインの窓口になります。低層棟1階113番窓口です。各出張所でも手続きが可能です。

・申請条件

亡くなった方が国民健康保険の被保険者であったこと、葬祭を行った方が他の健康保険から葬祭費を受け取れないことが条件です。申請に必要な国民健康保険葬祭費支給申請書と誓約書は、吹田市のホームページからダウンロードもできますので、あらかじめ記入していくか、郵便申請も可能です。添付書類として、亡くなった方の国民健康保険被保険者証、葬祭を行った方が葬儀を行ったことが確認できる書類を用意しましょう。

たとえば、葬儀社が発行した領収書や会葬礼状などで、亡くなられた方及び葬祭執行者の氏名が記載されているものが必要です。葬祭費の振込先となる金融機関の口座情報がわかるものと、申請者の印鑑が必要です。実印である必要はなく、シャチハタなどやゴム印以外の認印でかまいません。

・申請期間

葬祭を行った日の翌日から2年を過ぎると請求権が失効しますので、葬儀が終わったら早めに申請しましょう。

・注意点

葬祭を行った方が、勤務先の健康保険など他の健康保険から被扶養者の葬祭費用といった形で葬祭費の支給を受けられる場合は受け取ることはできません。なお、被保険入者の死亡日が平成30年3月31日以前の場合は3万円です。

■埋葬料の給付金額の内容

勤務先の健康保険などの加入者が亡くなった際には、埋葬を行う方に埋葬料または埋葬費が支給されます。

・申請場所

健康保険埋葬料(費)支給申請書と条件に応じた添付書類を、加入している健康保険の窓口に勤務先経由で提出するか、郵送を行います。基本的に必要となる書類として、事業主の証明が挙げられます。事業主の証明が受けられない場合は埋葬許可証のコピー・火葬許可証のコピー・死亡診断書のコピー・死体検案書のコピー・検視調書のコピー・亡くなった方の戸籍(除籍)謄(抄)本・住民票のいずれかを添付する必要があるのです。そのほか申請者の立場に応じた添付書類が必要となりますので、確認のうえ添付してください。

・申請条件

健康保険の被保険者が業務外の事由により亡くなった場合、もしくは、亡くなった被保険者により生計を維持されていた方が埋葬を行う場合に、埋葬料として5万円が支給されます。生計を維持されていた家族などがいない場合には、実際に埋葬を行った方に、埋葬料5万円の範囲内で、実際に埋葬に要した費用が埋葬費として支給されるのです。被保険者の被扶養者が亡くなったときは、被保険者に家族埋葬料として5万円が支給されます。被保険者が勤務先を退職するなど資格喪失後に亡くなった場合で、資格喪失後3ヶ月以内に亡くなったとき、又は資格喪失後の傷病手当金または出産手当金の継続給付を受けている間に亡くなったとき 、又は継続給付を受けなくなってから3ヶ月以内に亡くなったときには、埋葬料または埋葬費の支給が受けられます。

・申請期間

死亡日から2年以内に申請を行わなければなりません。

・注意点

生計を維持されていた方は、被保険者によって生計の全部または一部を維持されている方であれば良く、民法上の親族や遺族である必要はありません。

生計を維持されていた方は、被保険者によって生計の全部または一部を維持されている方であれば良く、民法上の親族や遺族である必要はありません。

被保険者が世帯主であるか、同一世帯であるかも問われないので、別居の兄弟姉妹を養っていた場合なども該当します。

実際に埋葬に要した費用とは火葬料をはじめ、霊柩車代や霊前供物代、僧侶への謝礼などを含めることができます。

■大阪府吹田市の葬祭扶助の内容

葬祭扶助とは葬祭を行うための資金に困っている方に、公的な扶助を行う制度です。

吹田市では表立った対応はしていませんが、個別相談をする形で一定の葬祭扶助の支給を受けて福祉葬が行えるケースがあります。

・申請場所

吹田市役所 低層棟1階にある生活福祉室(福祉事務所)

・申請条件

生活保護者が生活保護受給者が亡くなった場合や生活保護受給者が葬儀を執り行う場合、葬儀代がなく火葬もできないといった方が個別に相談のうえ、審査を受ける必要があります。

・申請期間

葬儀や火葬を行ってからでは申請できません。

必要最低限の葬儀の費用を、市区町村が負担して行う制度であるため、ご自身や親族などの助けを借りて、すでに行えるのであれば扶助の必要がないためです。

葬儀や火葬を行う前に相談をしてください。

・注意点

故人が使い残したお金がある場合、遺留金として葬儀費用に充当しなくてはなりません。

香典を受け取った場合、後日、収入申告が必要です。

■吹田市で費用を抑えた葬儀をするなら

吹田市で費用を抑えた葬儀をお考えの方は、家族葬のひとときにお問い合わせください。

葬儀の費用が15万円から。無料で見積・資料請求承ります。